ときのそらの声優が判明?バーチャルjkは中の人も女子高生?【ママ】

この記事は約 4 分で読めます。

ーチャルJKの、ときのそらをご存知でしょうか?

 

女子高生として、活動を始めたそらさんですが

その圧倒的な包容力から、ファンが大量発生!

 

しかしここにきて、ときのそらの

衝撃的な事実が明らかになりました!

 

この記事では、そらさんの

・声優について

・中の人の年齢

・ママと言われる本当の理由

 

などなど、ときのそらに関する

全ての情報を、まとめて公開します!

ときのそらとは?

ときのそらは、2017年9月に誕生した

バーチャルJKです!

 

年齢は、17歳の現役女子高生!

JKというだけあって、個性的な制服も良いですね。

 

ファンの呼び名は「そらとも」です!

 

そして、彼氏についてですが

クリスマスは家族と過ごす、

と語っており、彼氏は居なさそうです!

そして、身長は160cm。

平均よりは、少し大きめですね。

また「横浜アリーナでライブをしたい」

と語っており、大きな目標ですが

いつか必ず実現して欲しいと思いました!

 

そして、そらさんの好きな作品はラブライブです!

アイドルのアニメなので、そらさんと立場が近く

共感する場面が多そうですね。

 

しかし、意外にもそらさんは、

インターネットの文化に疎い面があり、

この辺りは、普通の女子高生なんだなと思いました。

 

また中の人には、小学生の弟が居て

「勉強を教えてあげている」優しいお姉さんでもあります。

 

今では、人気になったそらさんですが

スタートは、けして順調なものではありませんでした。

 

 

最初の生放送で、集まった視聴者はたったの13人

更に、緊張の為トークも上手く出来ず、

ほろ苦いスタートとなりました。

 

しかし、生放送の練習を自宅で続けるなど、

努力をしていく内に、少しづつファンが増加。

 

現在では、生放送で1万人も集まる

人気のYoutuberになりましたが、

ブレイクのけっかけは、ときのそらに

ママ」という個性が生まれた事でした。


ママと言われる理由は?

自分に個性がない事を悩んでいた、ときのそら。

 

しかし、語りかけるような喋り方や

ファンに向かって子守歌を歌いだすなど、母親っぽい行動をしだすと、

ファンから「ママ」と言われるようになります。

 

最初は「女子高生なのに何でママなの?」

と言っていた、そらですが

次第にママや、お姉ちゃんと言われる事を

自分の個性と捉えるようになっていきます!

 

そしてついに、

ママと言われる事を

公式に認める事になります!

 

今では、ママやお姉ちゃんキャラが定着して

ときのそらの個性になっていますね!

 

さらには、運営が

ママを検証する動画をアップする事態に!

 

動画を見ていると、

ときのそらのがママと言われるのも納得ですが、

声優はどんな人が担当しているのでしょうか?

声優は遥そら?

きのそらの声優ですが、

遥そらさんでは?」という情報がありました!

 

遥そらさんは、遊戯王のキャラクターの

声を担当する、人気声優さんです。

 

しかし、実際に遥そらの声を聴いてみると、、、!

 

ときのそらとは、

声のイメージがかなり違います。

 

さらに、遥そらさんはベテランの声優ですし、

女子高生」という、

ときのそらのイメージとは、違うと思いました。

 

何より、初の司会を務めたクイズ番組では、

緊張した様子で、声も震えていた事から

中の人は、ベテランの声優ではないでしょう!

 

ときのそらの声優で調べると、

新人声優を予想する声も多いですが、

会社が運営している為、会社内のの”女性社員なんじゃないか?

という声もありました!


会社員が声優を担当?

きのそらは、他のバーチャルYoutuberと違い、

声優オーディションが行われてない事から、

会社員が声を担当しているのでは?

という噂もあります。

 

しかし、そらさんは一般人としては

声の表現が上手いですし、新人声優か

声優志望の方の可能性が高いです。

 

何より、会社はときのそらプロジェクトの為に

3000万円を調達しているので、

中の人は、必ずプロの声優を起用していると思います。

 

どの声優が中の人を担当するかが、

ある意味、一番大切ですものね。

 

また調査の結果、

中の人は、女子高生の可能性が非常に高そうです!

中の人は女子高生?

ーチャルJKのときのそらですが、

中の人も、女子高生と思われる証拠を

多数出しています。

 

まず、ツイッターにて

冬休み」の終わりで、なかなか浮上出来ないと語っています。

 

これは、学生ならではの理由ですよね!

また、生放送では

よく学校や、授業の話もしています。

 

好きな教科ですが、

国語と音楽と語っていました!

 

そして、こちらの動画の40分から

実際に高校で起こった事を話しています。

 

期末テストの話など、

高校の話題を話しており、高校生なのは

ほぼ間違いないと思いました。

 

テストの前は「結構勉強をしている」

との事で、中の人は

学校でも真面目な生徒なんですね。

 

ちなみに純粋な女子高生だけあって、

下ネタは苦手のようです!

 

かなりの数の生放送を見てきましたが、

中の人は、女子高生で間違いないでしょう。

 

学校もあり忙しいと思いますが、

これからも、ときのそらの活動を応援したいですね!

 

そして、ときのそらの生みの親ですが

こちらは男性が担当しているようです!


デザイン担当と生みの親は?

きのそらのデザインですが、

いかきさん」という方が担当しています。

 

ときのそら運営元の、

株式会社COVERの会社員のようです。

 

また、ときのそらの事業に、会社として

3000万を調達しており、かなり本気な事が分かります!※参考記事

 

社運を賭けたプロジェクトだと思うので、

今後も、ときのそらの動画投稿ペースが落ちる事はなさそうです。

 

この辺りは、ファンとして嬉しいですよね。

 

そして、ときのそらが活躍する裏では

彼女をサポートする、大切な友人が居ました!

友人A(えーちゃん)は男?それとも女?

友人A(えーちゃん)は、そらさんをサポートする

裏方スタッフですが、

スタッフというより、そらさんとは友人の関係です!

 

ときのそら自身も、

えーちゃんは頭が良い」と語っており

かなり信頼している様子が伺えます。

 

しかし、そのえーちゃんが

実は男なのでは?」という噂があったので、

徹底的に調べてみました。

 

すると、友人Aの声が入った生放送を発見!

下記の動画の、開始10秒~声が入っており、

えーちゃんは女性である事が分かります。

 

視聴者の反応を見つつ、

動画を作成する、実力者のえーちゃんですが

身長は157,1cmと、ときのそらより小さめです。

 

大変な事も多いと思いますが、

これからも二人で良い動画を生み出してほしいですね!

 

そして、ときのそらと言えば

もう一人、重要な登場人物がいます!


あん肝がチャンネルを乗っ取る

ときのそらの動画には、たまに

テディベアのあん肝が登場します!

最初は「くまさん」と呼んでいましたが、

視聴者によりあん肝と名付けられました。

 

初登場はハロウィンの生放送!

最初から、可愛らしい動きが特徴的です!

 

その後、準レギュラーとして定着したあん肝ですが

ついに、単独で動画を上げるようになりました。

 

あん肝がゲーム実況をしているのですが、

声が個性的でビックリです!

かなり声を加工していますが、

よく意識して聞いてみると、

あん肝の声優(中の人)は男性という事が分かります。

 

まず、あん肝が「しゃべれる」というのが

驚きですが、これからもときのそらと一緒に

動画を楽しんでほしいですね!

 

そして、そらさんですが

かなりのお金を得ている事が判明しました!


生放送の投げ銭がヤバい

きのそらは、生放送が多い

バーチャルYoutuberですが、

放送で、驚くべき金額を稼いでいます!

 

まず、生放送の開始前から

15万円の投げ銭を獲得しており、

恐ろしいスタートダッシュです!!

 

最終的に投げ銭で、61万円を獲得しました!

1時時間の生放送で、これだけのお金を稼ぐのは、

ときのそらが魅力的だからでしょうね!

生放送で獲得したお金は、

運営会社のモノになるのかな?と思ったのですが

どうやら、らさんにも還元されてるようです!

 

投げ銭が多かった為、

パソコンを買えたとファンに報告しています!

 

しかし、その裏でエゲつないお金が動いています。

ミライアカリが投げ銭の日本記録を獲得していました!

 

他のバーチャルYoutuberは、

運営会社が、お金を取ってしまう事もあるでしょうが、

そらさんにも、お金が行っているようで

本当に良かったと思いました!

まとめニャ!

ときのそらは、

・その包容力から、ママと言われる

・声優は新人の可能性が高い

・中の人は女子高生

 

他バーチャルYoutuberの、中の人の記事はコチラ!

 



おすすめ記事

サブコンテンツ

ブログランキング


にほんブログ村 芸能ブログへ

管理人:フレンドキャット

管理人:フレンドキャット

このページの先頭へ